読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜の所業

商品の紹介、仕事関連のこと、またはニュース、芸能など世の中の出来事について勝手に意見していきます。

承認済みドメイン

Office 365 の承認済みドメインについて記述します。
 
Office 365 へドメインの追加をいたしますと、自動的に Exchange Online の承認済みドメインに追加されます。
そして、Office365 に登録されているユーザーより、承認済みドメインに追加されたドメインのメールアドレスに送信すると内部解決を行い、以下の設定に基づき配送が行われる動作となります。
 
・権限あり (既定) : Office365 に登録のないメールアドレス宛の場合、送信者に配信不能レポート (NDR) を送信する。
・内部の中継 : Office365 に登録のないメールアドレス宛の場合、外部の MX レコードを参照して送信する。
 
要するに承認済みドメインドメインに送信したメールは、MX レコードが外部のサーバーを向いていても、まずは Office365 にメールアドレスが存在していないか確認します。
規定では、[権限あり] となっているため、Office365 内部に該当のメールアドレスが存在しない場合は、送信者に NDR を返します。
 
そのため、MX レコードの配信先の外部サーバーへ送信するには、[内部の中継] に変更することで Office365 内部に該当のメールアドレスが無いとわかったら、MX レコードの配信先へ配信することができます。
 
承認済みドメインを [内部の中継] に変更する手順は以下のとおりです。
 
1. 全体管理者アカウントで Office365 にサインインし、Exchange 管理センターを開きます。
2. 左側のメニューから [メールフロー] をクリックします。
3. 遷移後の画面で [承認済みドメイン] をクリックします。
4. 遷移後の画面に表示された独自ドメインの設定をダブルクリックします。
5. [内部の中継] のラジオボタンをクリックし、[保存] をクリックします。