読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜の所業

商品の紹介、仕事関連のこと、またはニュース、芸能など世の中の出来事について勝手に意見していきます。

衆院議長に予告の手紙、措置入院 “犯行のサイン”生かされず

 「障害者を抹殺する」。植松聖容疑者は今年2月、東京都千代田区の衆院議長公邸を訪れると、今回の凶行を示唆するような大島理森(ただもり)衆院議長宛ての手紙を警戒中の警察官に渡していた。精神保健福祉法に基づき強制的に入院させる「措置入院」となり、尿と血液から大麻の陽性反応が確認された。だが、12日後の3月2日には退院。“犯行のサイン”は行政や医療機関の間で生かされることなく、凶悪な事件が起きてしまった。

警視庁などによると、植松容疑者が大量殺人を予告する手紙を持参したのは2月14日午後3時25分。翌日も再び訪れ、公邸の正門前に座り込み、しばらく立ち去ろうとしなかった。A4のレポート用紙に手書きで書かれた手紙には、標的の一つとして現場となった障害者施設「やまゆり園」を名指しした上で、「私は障害者総勢470名を抹殺することができる」「目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です」と書いていた。

なぜ、こんな人間を野放しにしているのか。
結局は事件が起きるまでは動けないことが問題ですね。

今の世の中じゃ難しいかもしれないが、退院するのであれば、体内にGPSを埋め込み、遠隔で電流を流して動きを止めるくらいのシステムにしてもらわないと、安心して暮らせないですね。