社畜の所業

商品の紹介、仕事関連のこと、またはニュース、芸能など世の中の出来事について勝手に意見していきます。

業が深い!どういう意味なの?

f:id:it-bibouroku:20190504162444p:plain

「業が深い」ってどういう意味? 

「業が深い」という言葉について、普段、あまり聞きなれない言葉ではありますが、どのような意味を持っているのかご存知でしょうか。実際にどのような意味として使われているか、本来はどのような意味のものであるかについてご紹介いたします。 

 

罪深いと言う意味 

「業が深い」という言葉の意味については、「欲が深い」や「不運」であるという内容で使われていますが、語源をたどると「罪深い」という意味を持っています。 

 

その罪は前世から続いている 

「業が深い」という言葉には、「罪深い」という意味を持っていることをご紹介いたしましが、その罪は過去の罪だけではなく、前世で犯してしまった罪も含まれています。 

 

現在は『欲深い』や『不運』の意味でつかわれる 

現在は、「欲深い」や「不運」など本来の意味とは異なる使われ方をされていますが、それは「欲深さによる罪深いおこない」と「多くの悪行の報いを受けている」という部分が転じて用いられております。 

 

「業が深い」はどういう時に使うの? 

みなさんは「業が深い」という言葉をどういう場面で使うものであると思いますか。実際にどういう時に使うのか使用例としていくつかご紹介していきます。 

 

業が深いの使用例 

 一般的に「業が深い」という言葉を使う場合、「欲深い」や「不運」という意味で使われるものであるため、いい意味で使われることは無いです。2つの例をご紹介いたします。 

 

あの人の顔から業の深さが出ている 

お金にがめつい人などに対して欲深さが顔ににじみ出ていることを表現する例として使っています。このように表情に対して使うことができます。これは、欲深いことを意味して使用する例です。 

  

あなたが事故を立て続けに起こしているのは、業が深いからだ 

短期間に事故を続けて起こしている人に対して不運が続いているのは、過去の悪行による報いで運がないことを表現する例として使うことができます。これは不運であることを意味して使用する例です。 

 

そもそも「業」ってどんな意味なの? 

「業」という言葉についてあまり聞きなれない言葉ですが、どのような意味を持っているのでしょうか。元は仏教用語なのですが、意味についてご紹介いたします。 

 

元は仏教用語 

「業が深い」という言葉は、仏教用語の「業(カルマ)」が語源であり、「前世でおこなった悪行の報い」を意味しております。このことから、「業が深い」という言葉は、「前世で多くの罪深いことをして、その悪行の報いを現世で多く受けている」というのが正しい意味として使います。 

 

自分の行った事は返ってくる 

良いことをすれば良いことが返り、悪いことをすれば悪いことが返るという因果応報という言葉があります。これは、前世や過去の善悪の行為によって、善悪の結果をもたらします。つまり、前世で悪いことをした場合は、今世で悪い結果として帰ってくるということです。 

  

果報と対になる言葉 

 業と対になる言葉で「果報」という言葉があります。これは、過去におこなった行為よって、報いとして受ける結果のこと言います。業と異なるのは、「果報」は運がいいことなど良い意味で使われることが多いです。例えば「果報は寝て待て」という「ことわざ」がありますが、「良いことは静かに待っていれば自然にやってくる」という意味で使われます。 

 

「業が深い」の類義語や英語表記 

「業が深い」とう言葉の類義語と英語表記した場合の意味や使用例などを交えてご紹介いたします。 

  

類義語 

類義語として「罰当たりな」と「非道徳な」という言葉があります。それぞれの言葉について意味と例をご紹介いたします。 

  

罰当たりな 

「罰当たりな」の言葉の意味については、罰が当たることが当然だと思われることを言います。 

 

使用例として「仏壇にゴミを置くなんて罰当たりな人だ」など、仏壇や神社など神聖なものを雑に扱うと罰が当たっても当然であるということ意味しています。 

  

非道徳な 

「非道徳な」の言葉の意味については、人として正しいおこないをしようという意識が希薄であり、道徳に反するような言動をすることを言います。 

 

使用例として「彼はいつもタバコをポイ捨てする非道徳な人だ」など、いつも平気でマナーを守らない人に対して道徳に反していることを意味しています。 

  

英語表記 

「業が深い」については仏教用語であることから全世界共通で使われており、英語では「be sinful」と表記します。例文を交えてご紹介いたします。 

  

be sinful 

「sinful」には「罰当たりな」や「罪深い」と翻訳することができますが、「be」をつけることで「業が深い」という意味として使用することができます。 

 

例文として「あなたは業が深いです」を意味する「you are deeply sinful」というような形式で表記します。なお、カルマを英語で「karma」と表記しますが、「kalma」だけでは「業が深い」を表現できないため、sinfulを使用する方が適切です。 

 

  

業の分類①『三業』 

人間のおこないには、「身」「口」「意」の「三業(さんごう)」に分類されています。その「三業」についてご紹介いたします。 

 

身(しん) 

身業とは身体で行うカルマのことを言います。例として殺生や盗みなどが信楽における悪業となりますが、これらによる果報は、警察に逮捕され刑務所に入るか、周りの目におびえて生活をすることが該当します。 

 

口(く) 

口業とは言葉を発することなど口でおこなうカルマです。例として嘘や悪口などが悪行となりますが、これらによる果報は、嘘をつけばさらに嘘を重ねていかなくてはいけませんし、悪口は人をよりつかせなくなることが該当します。 

 

意(い) 

意業とは心に思う働きによるカルマです。例として怒りや妬み、人の不幸を願うような気持ちを起こすなどが該当しますが、邪険野心には正しい判断を失ってしまう力があり、悪業に手を染めてしまう可能性が高いです。 

 

業の分類②『表業と無表業』 

三業からさらに「表業」と「無表業」に分類されています。「表業」と「無表業」のそれぞれの違いと関連した内容として「五業」についてご紹介いたします。 

 

表業 

表業とは表にあらわれた業であり、見る、聞く、おこなうなど、外に表現されて他人に示すことができる私たちが普段おこなっていることです。 

 

無表業 

無表業とは他人に示すことができないことなど心の中で思っていても行為や言葉にあらわれない業であり、悪もしくは善の行為を妨げる習性のことを言います。例として嫌な上司の言葉に対して怒鳴り返したいと思った場合に、我慢をして言い返さないことで憎しみが残ることが無表業です。 

 

五業 

意業は心の中で思う働きであるため、他人に表示することはできませんが、身業と口業は具体的な表現としてあらわすことができます。そのため、身業と口業は「表業」と「無表業」に分けることができますが、意業は、表にあらわすことができないため、無表業のみです。 

この意業、および、身業と口業の「表業」と「無表業」の5つを五業と言います。 

 

業が深い人の特徴 

「業が深い」人の特徴として「自己顕示欲が強い」「強欲である」「嫉妬深い」などがあります。それぞれの人物についてご紹介いたします。 

  

自己顕示欲が強い 

自己顕示欲とは、自分の存在を周囲に見せつけたい気持ちであったり、本来の自分が持っている能力以上の評価を得たい気持ちのことを言います。そのため、威張ったり、できるアピールが強かったり、相手をけなして自分を高めようとしたり、虚言壁あるなどの人物が該当します。 

  

強欲である 

強欲とは、非常に欲が深いことを言います。自分に無いものを欲しがり、どんなに手に入れても足りないと感じるような場合に使用します。 

そのため、お金にがめつい、簡単に満足しない、自己中心的、プライドが高いなどの人物が該当します。 

 

嫉妬深い 

嫉妬深いとは、自分より他人が優れていることや、裕福であることを妬んでしまう感情のことを言います。そのため、他人の成功を妬む、負けず嫌いで他人と張り合う、執着心が強い、常に他人を気にしているなどの人物が該当します。 

  

業を深めない為には? 

業について様々な観点からご紹介してきましたが、業を深めないためにはどのようにすればいいかについてもご紹介いたします。 

 

人にやさしくする 

業を深めないためには良いおこないをすることが一番の近道となります。そのためには、まず、人にやさしくするです。困っている人や助けを求めている人に手を差し伸べることで良いおこないを積み重ねていきましょう。 

 

謙虚に生活をする 

業が深い人の特徴として、自己顕示欲が強いことをご紹介いたしましたが、自己顕示欲を抑え、謙虚に生活をするが大切です。見栄や虚栄心を捨てて、ありのままの自分に確かな自信をもって生きることが重要であります。 

 

欲張らない 

業が深いという言葉には「欲深い」という意味で使用していることから、業を深めないためには欲張らないことが大切です。欲の無い人間は存在しないですが、欲を出しすぎずに何事も手堅くしていきましょう。 

 

他人を妬まない 

業が深い人は嫉妬深いという特徴がありますので、他人を妬まず自分の為に努力することが大切です。人と比べるよりも自分の能力を高めることでより良い生活ができるよう努力していきましょう。 

 

業という名前を子どもにつけてもいいか? 

「業」という名前を子どもにつける場合、「ごう」と読むことは悪いイメージになるため好ましくありません。「業」という字には、行動的、努力などのイメージがありますので、「おき」「かず」「なり」などと読むように使うことができます。なお、読みを「かるま」とつける人も実際にいます。 

 

 

業という苗字が存在するか? 

名前に「業」とつけることはできますが、「業」という苗字の人は存在するのでしょうか。現在、鹿児島県におよそ10人います。なお、読みは「ごう」ではなく「ぎょう」と読みます。 

また、「業」という文字は、仏教で使う場合のみ「ごう」と読みます。 

    

業を深めるなら良い行いで! 

業が深いという言葉についてご紹介してきましたが、善悪のどちらのおこないに応じた報いがあるということであれば、良いことが返ってきたほうがいいことは言うまでもありません。そのためにも、みなさんもたくさん良いおこないをしていきましょう。