社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Microsoft365参考書】インプレースアーカイブの言語設定について。表示名を変更するには?

インプレースアーカイブ機能の有効化を行うことで追加されるメールボックスの名称について、Outlook クライアントでは "オンラインアーカイブ" Outlook on the web では "インプレースアーカイブ" の名称でユーザーメールボックスアーカイブメールボックスの追加が行われます。 

 

この名称が英語で表示される場合があったため、言語設定について確認してみました。

 

Outlook on the web の"インプレースアーカイブ - [表示名]" の言語設定については、Exchange 管理センターにて有効化操作を行った管理者アカウントの言語設定に依存して表示される動作となることを確認しておりPowerShell コマンドにて有効化を行った場合には、PowerShell 実行端末の言語設定が優先される動作を確認しました。 

  

なお、Outlook on the web に表示されるインプレースアーカイブの名称については従来のExchange 管理センターまたは、Windows PowerShell にて変更が可能です。 

 

 

なお、Outlook クライアントの場合は、Outlook クライアントの言語設定に依存する動作です。

  

  

以下の手順をご紹介したいと思います。 

 

 

  

Exchange 管理センターより確認/変更する手順 

  1. 管理者アカウントにて、従来の Exchange 管理センター (https://outlook.office365.com/ecp) にアクセスします。
  2. [受信者] - [メールボックス] の順にクリックします
  3. 当該のメールボックスをダブルクリックします
  4. 詳細画面に切り替わりましたら、[メールボックスの機能] をクリックします
  5. [アーカイブ : 有効] の [詳細の表示] をクリックします。
  6. [アーカイブ メールボックス] ウィンドウにて [名前:] 欄の文字列を任意に変更し、[OK] > [保存] をクリックします。

 

 

  

PowerShell を利用する手順 

以下の公開情報を参考に、Windows PowerShell を起動し、全体管理者アカウントで Exchange Online に接続してください。 

  

it-bibouroku.hateblo.jp

 

  

 設定を確認するコマンドレット 

<構文> 

Get-Mailbox -Identity "ユーザーメール アドレス" | Select DisplayName,PrimarySmtpAddress,ArchiveName 

  

<実行例> 

Get-Mailbox -Identity User001@contoso.com | Select DisplayName,PrimarySmtpAddress,ArchiveName 

  

全ユーザーメールボックスのインプレースアーカイブのメールボックス名を確認する 

[実行例] 

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited -RecipientTypeDetails UserMailbox | select DisplayName,PrimarySmtpAddress,ArchiveName | Export-CSV -Encoding UTF8 -NoTypeInformation -Path "C:\Temp\MailboxList.csv

  

<出力内容> 

DisplayName : 表示名 

PrimarySmtpAddress : プライマリメールアドレス 

ArchiveName : アーカイブ表示名 

 

 

  

ユーザー単位で設定するコマンドレット 

<構文> 

Set-Mailbox -Identity "ユーザーメール アドレス" -ArchiveName "任意のアーカイブ表示名" 

  

<実行例> 

Set-Mailbox -Identity User001@contoso.com -ArchiveName "In-Place Archive -User01" 

  

  

複数ユーザーで設定するコマンドレット 

<CSV ファイルの作成> 

[書式例] 

1 行目 Identity,ArchiveName 

2 行目 <ユーザー 1 のアドレス>,<ユーザー 1 のアーカイブフォルダーの名前> 

3 行目 <ユーザー 2 のアドレス>,<ユーザー 2 のアーカイブフォルダーの名前> 

4 行目 <ユーザー 3 のアドレス>,<ユーザー 3 のアーカイブフォルダーの名前> 

  

[記述例] 

Identity,ArchiveName 

User01@contoso.com,"インプレース アーカイブ - User01" 

User02@contoso.com,"インプレース アーカイブ - User02" 

User03@contoso.com,"インプレース アーカイブ - User03" 

  

Windows PowerShell コマンドレットの実施時、ネットワークに負荷が生じる恐れがございますので、1 つの CSV ファイルにつき 1000 ユーザー以内で作成いただくことをおすすめします。 

  

・記載が完了しましたら、文字化けを防ぐため、ファイルを UTF-8 で .csv 化させます。 

  1. テキスト ドキュメントへ必要な内容の記載が終了しましたら、[ファイル(F)] > [名前を付けて保存(A)] の順にクリックします。
  2. [ファイルの種類(T)] で [すべてのファイル] を選択します。
  3. [文字コードセット(C)] で [UTF-8] を選択します。
  4. 保存先を [C:\temp] とします。
  5. [ファイル名(N)] を [User.csv] とし、[保存] をクリックします。

※ 本例では C ドライブ配下の Temp フォルダ内に [User.csv] というファイル名で保存しています。 

  

[構文] 

Import-Csv -path <CSV ファイルのパス> | foreach {Set-Mailbox -Identity $_.Identity -ArchiveName $_.ArchiveName} 

  

[実行例] 

Import-Csv -path "C:\temp\User.csv" | foreach {Set-Mailbox -Identity $_.Identity -ArchiveName $_.ArchiveName}