社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Microsoft365参考書】アイテムが突然、消失した場合の原因として考えられることは?

f:id:it-bibouroku:20210404095716p:plain

メールアイテムが意図せず消失したという事例があることを確認しています。 

 

今回は、代表的な事例についてご紹介していきたいと思います。 

 

  

[受信トレイ ルール] または [仕分けルール] を設定している

ユーザーにて、メールボックスに [受信トレイルール] や [仕分けルール] の設定が可能です。 

メールアイテムの削除や受信後のリダイレクト処理により、メールアイテムが削除されてしまう場合があります。 

 

  

[アイテム保持ポリシー] の設定がある場合

アイテム保持ポリシーにより、プライマリ メールボックス内のアイテムを定期的に削除、もしくは、アーカイブメールボックスへ移動させることが可能となります。 

既定の設定としてユーザーを作成すると、ユーザー メールボックスに対して既定のアイテム保持ポリシー ( Default MRM Policy ) が設定される動作となります。 

設定内容は、Exchange 管理センターより、[コンプライアンス管理] – [アイテム保持ポリシー] にて確認ができます。 

既定の設定では、迷惑メールフォルダ以外のアイテムを自動削除する設定はありませんが、アーカイブメールボックスに移動する設定がありますので、アーカイブメールボックスにメールアイテムが移動している場合があります。

  

 

他のメールクライアントやモバイルデバイスなどに接続し利用している

Outlook クライアントの他に、接続されているすべてのメールクライアント、またはその接続方法(例 : POP / IMAP など)により動作が変わります。 

メールアイテムをローカル端末にダウンロードする設定により、メールアイテムがサーバー上から消えてしまう事例がございます。 

※POP接続でサーバーにコピーを残さないように設定しているなど

  

 

[古いアイテムの整理] の設定がある

Outlook クライアントを利用の場合、 [古いアイテムの整理] 設定をされている場合にはアイテムが自動的に整理される動作となります。 

 

support.office.com

 

  

ユーザーの操作ミスによるアイテムの移動

マウスカーソルをドラックしてメールアイテムやフォルダーの移動ができることから、誤ってドラッグ アンド ドロップなどの操作により削除済みアイテム フォルダーへ移動させてしまうことにより、意図せず削除してしまう場合があります。 

  

Outlook クライアント 

・Delete もしくは Ctrl + D 

削除済みアイテムフォルダーに移動します。 

  

・Shift + Delete 

回復可能なアイテムフォルダーの Deletions に移動します。 

  

・Backspace 

アーカイブフォルダーに移動します。 

  

Outlook on the web 

・Delete 

削除済みアイテムフォルダーに移動します。 

  

・Shift + Delete 

回復可能なアイテムフォルダーの Deletions に移動します。 

  

・E キー 

アーカイブフォルダーに移動します。 

  

social.msdn.microsoft.com

 

以下の記事でも、アイテムが消失した場合の調査手順や復元などご紹介してますので、ご参照いただけますと幸いです。

 

 

it-bibouroku.hateblo.jp