社畜の所業

社畜の所業

Microsoft365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

※このサイトはPR記事を含みます。

【Microsoft365参考書】検疫から一括で解放するには?

検疫一括解放

 

 

今回はスパム判定された場合などに隔離される検疫に大量に必要なメールが隔離された場合など、一括で解放する方法をご紹介したいと思います。

 

検疫については以下の記事もご参照いただけますと幸いです。

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

一括で検疫から解放する場合、PowerShell コマンドレットにて、検疫されたメールを 1000 件一括で解放することは可能です。 

早速、以下に手順をご案内します。

  

Exchange Online に接続してから実施してください。

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

 

 

検疫から1000件のメールを一括で解放する  

<構文> 

Get-QuarantineMessage -PageSize "1ページの件数" -Page "ページ数" | Release-QuarantineMessage -ReleaseToAll 

  

<実行例> 

Get-QuarantineMessage -PageSize 1000 -Page 1 | Release-QuarantineMessage -ReleaseToAll 

  

※ 実行例では、検疫内の 1 ページ目に存在する 1000 件のメッセージを解放しています。 

検疫に 1000 件以上のメッセージが存在する場合、[-Page 2] [-Page 3] のようにページ数を変更し、複数回、実施ください。 

  

 

docs.microsoft.com