社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Office365参考書】pstファイルを一括でインポートするPSTインポートサービスについて

 

今回はPSTインポートサービスについて解説します。

よろしくお願いいたします

一般的には、Outlookクライアントでpstファイルをインポートすることが可能ですが、管理者にて、一括でpstファイルをインポートする機能として、PSTインポートサービスがあります。 

 

本機能を利用する管理者には Exchange の役割である [Mailbox Import Export] が付与されている必要がありますので、あらかじめ付与しておきます。 

 

以下に手順をご紹介していきたいと思いますので、ご参照いただけますと幸いです。 

 

■ インポートサービスの手順について 

  

事前準備 

  1. 全体管理者にて Office 365 ポータルサイトへサインインをします。
  2. Office 365 Admin center から Exchange 管理センターへ遷移します。
  3. Exchange 管理センター左側メニューの [アクセス許可] をクリックします。
  4. [管理者の役割] を選択し、[Organization Management] をダブルクリックします。
  5. [Organization Management] 編集画面の [役割:] の [+] をクリックします。
  6. [役割の選択] 画面より、[Mailbox Import Export] を多ブルクリックし、[追加->] に含まれているのを確認し [OK] をクリックします。
  7. [保存] をクリックします。

※ 設定した権限が反映されるまで、時間がかかる場合があります。 

  

  

---------------------------------- 

□ 1. Office 365 へのアップロード手順 

---------------------------------- 

  1. [管理センター] - [セキュリティ] より [セキュリティ] 管理センターへ移動します。
  2. 画面左側メニューより [データガバナンス] - [インポート] をクリックします。
  3. [+ 新規インポート ジョブ] をクリックします。
  4. 任意の名前を入力し、[次へ] をクリックします。

   ※ 既に存在しているインポート ジョブの名前は使用できません。 

  

  1. [データをアップロードする] が選択されてることを確認し、[次へ] をクリックします。
  2. [ネットワーク アップロードの SAS URL の表示] をクリックします。
  3. [Azure AzCopy ツールのダウンロード] をクリックします。
  4. Azure Azcopy ツールのダウンロードが開始されるため、画面の指示に従いインストールを完了します。
  5. コマンド プロンプトを管理者として起動し、Azure Azcopy ツールがインストールされているディレクトリへ移動します。

※ コマンド プロンプトを Azure Azcopy ツールがインストールされているディレクトリへ移動するためには、コマンド プロンプト上でコマンドを実行します。 

  

例 ) 既定のインストール先の場合 

  

[実行するコマンド] 

cd %ProgramFiles(x86)%\Microsoft SDKs\Azure\AzCopy 

  

※ 実行後、コマンド プロンプト上の C:\WINDOWS\system32> の表示が C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Azure\AzCopy> に変わります。 

  

  1. コマンド プロンプト上で以下のコマンドを実行し、PST ファイルを Office 365 にアップロードします。

  

[構文] 

AzCopy.exe /Source:<PST ファイルの保存先> /Dest:<項番 6 で表示した SAS URL> /V:<ログファイルの保存先> /Y 

※ PST ファイルの保存先、SAS URL、ログファイルの保存先は、全てダブルクォーテーションで囲ってください。 

※ フォルダー内の全てのファイルがアップロードされます。 

  

例 ) 以下の条件でコマンドを実行する場合 

PST ファイルの保存先 : C:\Users\Backup 

SAS URL : https://123456789.windows.net/abc123456789 

ログの保存先 : C:\Users\Backup\Import.log 

  

[実行コマンド例] 

AzCopy.exe /Source:"C:\Users\Backup" /Dest:"https://123456789.windows.net/abc123456789" /V:"C:\Users\Desktop\Backup\Import.log" /Y 

  

コマンドプロンプトにて以下のように結果が表示されますと、正常にアップロードが完了してます。 

----------------------------- 

Total files transferred: 1 

Transfer successfully:   1 

Transfer skipped:        0 

Transfer failed:         0 

Elapsed time:            00.00:00:09 

----------------------------- 

   

  

---------------------------------- 

□ 2. マッピングファイルの作成 

---------------------------------- 

  1. 以下のURLよりマッピング ファイルのコピーをダウンロードします。

https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=544717 

 

  1. CSV ファイルに必要な値を入力し、保存します。

   ※ この際、UTF-8 の形式で保存してください。 

   ※ PST ファイルの名前は、アップデートされたファイルと同名のファイル名を指定する必要があります。 

 

<記入例> 

Workload : Exchange (ユーザーメールボックスにインポートする場合) 

FilePath : 空欄 

Name : PSTのファイル名 

Mailbox : PSTをインポートするメールアドレス 

IsArchive : アーカイブメールボックスにインポートするかプライマリメールボックスにインポートするか選択します。(プライマリメールボックスにインポートする場合は"FALSE"を指定します) 

TargetRootFolder : インポートするフォルダを指定 (/"フォルダ名" の形式で登録します) 

SPFileContainer : 空欄 

SPManifestContainer : 空欄 

SPSiteUrl : 空欄 

 

 

 

  

---------------------------------- 

□ 3. インポートジョブの実行 

---------------------------------- 

  1. 新規インポートジョブの作成画面に戻り、[ファイルのアップロードを完了しました] ならびに [マッピング ファイルにアクセスできます] をチェックし、[次へ] をクリックします。
  2. [マッピング ファイルの選択] 画面より、[マッピング ファイルを選択] をクリックし、作成した CSV ファイルを選択します。
  3. [検証]をクリックします。
  4. [保存] - [閉じる] - [閉じる] をクリックします。
  5. インポートジョブの分析が開始されます。
  6. [状態] が [分析完了] に変更されたことを確認し、該当のインポートジョブをクリックします。

※ 分析の進行中のまま進まない場合は、[更新] をクリックします。 

  

  1. [Office 365 にインポート] をクリックします。
  2. [いいえ、すべてをインポートします] を選択し、[次へ] をクリックします。
  3. [データのインポート] をクリックすると、インポート処理が開始されます。
  4. [状態] が [完了] となったことを確認し、メールボックスにデータがインポートされていることをご確認ください。

 

support.office.com

広告

 

目の疲れを防止するにはPCメガネがオススメです!

 

 

 
【ランキング1位獲得】 JIS検査済 PCメガネ パソコン メガネ PC眼鏡 ブルーライトカット 96% UV420 紫外線カット 眼鏡 メンズ レディース ケース クロス セット ブルーカット眼鏡 伊達眼鏡 伊達めがね 伊達メガネ uvカット
 

 

 

アフィリエイトをするなら「もしもアフィリエイト(登録無料)」