社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Office365参考書】Powershellにて、指定したメールボックスは一意ではありませんとエラーが表示される

f:id:it-bibouroku:20210404095716p:plain

エラー内容

指定したメールボックス"ユーザー名"は一意ではありません。 

 

 

PowershellでGetのコマンドレットなど情報を取得する場合に上記のメッセージが表示される場合があります。

 

このメッセージは、複数のオブジェクトに対し同じ Alias や DisplayName などを設定している場合に発生し、1 つのメールボックスとして特定できないために出力されたメッセージです。 

  

対処方法として、Identity の値に GUID や UserPrincipalName などの一意の値を指定することで回避が可能です。

 

一例として、以下のコマンドレットのシナリオをご紹介したいと思います。 

 

<例>

すべてのユーザーメールボックスの回復可能なアイテム領域の容量を出力するコマンドレット  

 

事象発生コマンド

Get-Mailbox -RecipientTypeDetails UserMailbox -ResultSize Unlimited | Get-MailboxStatistics | select DisplayName,TotalDeletedItemSize | Export-CSV -NoTypeInformation -Encoding UTF8 "C:\Temp\SystemMessageSizeList.csv 

  

回避コマンド

$UserList = Get-Mailbox -Resultsize Unlimited -RecipientTypeDetails UserMailbox 

$MailboxStat = $UserList | Foreach {Get-MailboxStatistics -Identity $_.UserPrincipalName ; Start-Sleep -m 200}

$MailboxStat | Select DisplayName,TotalDeletedItemSize | Export-CSV -NoTypeInformation -Encoding UTF8 "C:\Temp\SystemMessageSizeList.csv"

 

上記の例では、identityにUserPrincipalNameを指定し回避をしています。