社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Office365参考書】Remote Work Starter PlanでOutlookの利用はできるのか?

f:id:it-bibouroku:20210404095716p:plain

Remote Work Starter Planについては、MAPI 接続ならびに、IMAP 接続は行えないプランです。 

厳密にいうと、Exchange Online kioskが含まれているため、kioskではMAPI接続やIMAP接続ができません。

 

そのため、メールを利用する場合は、POP 接続もしくは Outlook on the web にて利用するしかありません。

Outlook クライアントへ POP 接続する際の手順と設定値を以下にご紹介します。

  

 

新規プロファイルに POP アカウントを設定する方法 

  

  1. Windows画面の一番左下、[スタート]ボタンをクリックして [コントロール パネルをクリックします。  
  2. 表示方法を[大きいアイコンに変更し、[メールをダブルクリックして開きます。  

Outlook2016  [Mail (Microsoft Outlook 2016)] となります。 

  

  1. [メール設定]ダイアログ ボックスが表示されますので、[プロファイルの表示]をクリックします。  
  2. [追加]をクリックし、[プロファイル名]ボックスに、半角英数字で任意のプロファイル名を入力し、[OK] をクリックします。 
  3. [アカウントの追加]ウィザードが表示されますので、"自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)" を選択し、[次へをクリックします。 
  4. アカウント タイプの選択画面で"POP または IMAPを選択し、[次へをクリックします。 
  5. サーバー情報の入力画面が表示されますので、以下の情報を入力します。

   ・名前 : 任意の差出人名 

   ・電子メール アドレス : Microsoft 365 のアドレス 

   ・アカウントの種類 : POP を選択 

   ・受信メール サーバー : outlook.office365.com 

   ・送信メール サーバー : smtp.office365.com 

   ・アカウント名 : Microsoft 365 のアドレス 

   ・パスワード : アカウントのパスワード 

  

  1. 画面右下の[詳細設定をクリックします。 
  2. [インターネット電子メール設定]画面の[送信サーバータブを開き、"送信サーバー (SMTPは認証が必要にチェックを入れ、"受信メール サーバーと同じ設定を使用するを選択します。 
  3. [詳細設定]タブを開き、以下のように設定して[OK] をクリックします。 

   ・受信サーバー : 995  

   ・このサーバーでは暗号化された接続 (SSL/TLSが必要 : チェック オン 

   ・送信サーバー : 587 

   ・使用する暗号化接続の種類 : STARTTLS 

  

  1. サーバー情報の入力画面に戻りますので、"[次へ]をクリックします。 
  2. アカウント設定のテストが行われますので、[閉じる] - [完了]をクリックします。 
  3. [メール]画面に戻りますので、"使用するプロファイルを選択する"を選択し、[適用] - [OK] をクリックします。 
  4. Outlookを起動し、[プロファイルの選択]画面から 4. で設定したプロファイル名を選択して [OK] をクリックします。 

  

POP接続した際の注意点 

・受信トレイに受信したメールのみ同期される 

Outlook on the webのオプションの設定が反映されない (迷惑メールの受信拒否リスト、受信トレイのルールなど) 

・連絡先 (グローバルアドレス帳) が反映されない。 

・予定表が同期されない。 

・フルアクセス許可やメールボックス所有者として送信する権限が反映されない。 

 

  

 

support.microsoft.com

 

 

www.microsoft.com