社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Microsoft365参考書】Identity属性値が記号のような値でメールボックスが作成される

本動作については、以前、ご紹介しておりました [MC365786] にて、今後新規作成されるメールボックス Name 属性 (Identity、Id) は ExternalDirectoryObjectID (本件の数字とアルファベットの羅列) の値が指定される動作がテナントに展開されたことで発生しています。

2022年 9 月以降にロールアウトが段階的に行われており、2022  12 月中旬までにすべてのテナントに対して完了する予定です。 

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

  

 

 

展開の背景として、AzureAD のアカウントの [CN] 属性の値を用いて、ExchangeOnline  Name 値を作成し同期してましたが、一意の値とならない場合があり、別オブジェクトとの競合が発生するため、Name 値に各オブジェクトの固有値である ExternalDirectoryObjectId を利用し、競合を防止するため [MC365786] のリリースが発表されたことが想定されます。 

  

 

なお、NameidentityId の属性値を変更したい場合は、Set-Mailbox にて対象メールボックス Name の値を変更することで、Identity Id 属性にも変更が反映されます。 

 

  

以下に、コマンドレットをご案内いたしますので、ご確認くださいますようお願い申し上げます。 

  

 

 

事前準備 

事前に以下の記事を参照し Windows PowerShell  Exchange Online に接続します。 

  

it-bibouroku.hateblo.jp

 

Name 属性を確認する 

[構文] 

Get-Mailbox -ResultSize unlimited -RecipientTypeDetails UserMailbox | select Name,identity,ID,DisplayName,PrimarySmtpAddress | Export-CSV -Encoding UTF8 -Path <ファイルパス\ファイル名>.csv -NoTypeInformation 

  

[実行例] 

Get-Mailbox -ResultSize unlimited -RecipientTypeDetails UserMailbox | select Name,identity,ID,DisplayName,PrimarySmtpAddress | Export-CSV -Encoding UTF8 -Path C:\temp\UserMailbox.csv -NoTypeInformation 

ドライブの配下の temp フォルダーに UserMailbox.csv という名前のファイルで情報保存する場合 

  

<出力結果> 

Name,identity,ID : Name 属性値 

DisplayName : 表示名 

PrimarySmtpAddress : メールアドレス 

 

 

  

Name 属性を変更する 

 

ユーザー単位で変更する場合

[構文] 

Set-Mailbox -Identity <対象メールボックスのメールアドレス> -Name <変更後の Name属性> 

  

[実行例] 

Set-Mailbox -Identity User@contoso.com -Name "user" 

※ 上記実行例では user@contoso.com  Name の値を user に変更しています。 

  

  

複数ユーザーを一括で変更する場合

◆ 1. CSV ファイルを作成する 

[CSV ファイル構文例] 

行目 : PrimarySmtpAddress,Name 

行目 : 対象ユーザーのアドレス,変更後の Name 属性 

  

[作成例] 

PrimarySmtpAddress,Name 

User01@contoso.onmicrosoft.com,User01 

User02@contoso.onmicrosoft.com,User02 

User03@contoso.onmicrosoft.com,User03 

  

 CSV ファイルの中に漢字など 2 バイト文字を使用する場合については、UTF-8 形式で保存する必要があります。 

  

- UTF-8 での保存の手順 

  1. CSVファイルを右クリックし、[プログラムから開く] - [メモ帳]の順にクリックします 
  2. 開いたメモ帳で[ファイル] - [名前を付けて保存の順にクリックします。 
  3. ファイルの種類で「すべてのファイル」を選択します。
  4. 文字コードで「UTF-8」を選択します。
  5. [保存]をクリックします。

  

◆ 2. Name 属性を一括変更するコマンドを実行 

作成した CSV ファイルを読み込み、一括で Name 属性を変更します。 

  

[構文] 

Import-CSV "<保存先パス\ファイル名.csv>" | Foreach {Set-Mailbox -Identity $_.PrimarySmtpAddress -Name $_.Name} 

  

[実行例] 

Import-CSV "C:\Temp\ChangeName.csv" | Foreach {Set-Mailbox -Identity $_.PrimarySmtpAddress -Name $_.Name} 

  

※ 実行例では作成した C ドライブの Temp フォルダの ChangeName.csv を読み込んで設定するコマンド例となります。 

  

techcommunity.microsoft.com