社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Office365参考書】SharePointでネットワークドライブの割り当てによりアクセスができない

f:id:it-bibouroku:20200324233242j:plain

ネットワークドライブの割り当てにより、SharePoint のドキュメントライブラリにアクセスした場合に、[アクセスが拒否されました。この場所のファイルを開くには、まず Web サイトを信頼済みのサイトの一覧に追加して、Web サイトを参照し、自動的にログインするオプションを選択する必要があります。] というエラーが発生した場合の対処方法についてご紹介していきたいと思います。 

  

このエラーの場合、信頼済みサイトの認識が正しく行われていない可能性や、ログイン情報のセッションが失われたことにより、本事象のエラー メッセージが表示されている可能性があります。 

    

以下にネットワーク ドライブの割り当て [エクスプローラーで開く] 機能についての一般的な問題切り分け手順をご紹介していきます。 

  

 

    

 

 

事前準備 : Windows Update の実施  

Office 365 のポリシーでは、それぞれのクライアント コンピューターを最新の状態に保っていただく必要があります。  

更新可能なアップデートがありましたら実行してください。  

作業の完了後、次のステップに進む前に一旦 PC の再起動をお願いいたします。  

    

Title : Windows Update: FAQ  

URL : https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12373/windows-update-faq 

    

Title : PC を最新の状態に保つ  

URL : https://support.microsoft.com/ja-jp/help/17154 

    

  1. WebClient サービスの確認 

本機能はクライアント端末 の WebClient サービスを使用して実現しています。  

ご利用の端末にて WebClient サービスが開始されているかをご確認ください。  

    

1) [スタート] メニューの [プログラムとファイルの検索] に、"services.msc" と入力し、該当プログラム [サービス (services)] をクリックします。  

2) サービス一覧で、[WebClient] を見つけます。  

※ サービス一覧はアルファベット順になっております。  

    

3) [WebClient] の [状態] が [実行中] になっているか確認します。  

4) [実行中] になっていない場合は、[WebClient] の名前を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。  

5) [スタートアップの種類] から [自動] を選び、[OK] をクリックします。  

6) [WebClient] の名前を右クリックし、[開始] をクリックします。  

    

 

 

  1. ブラウザーの確認 

使用しているブラウザーが各 SharePoint でサポートされた 32 bit 版の Internet Explorer でない場合、この機能を使用できない場合があります。 

 

    

 

 

  1. Internet Explorer のキャッシュ削除 

1) Internet Explorer 画面右上の歯車マークをクリックし、[インターネット オプション] をクリックします。  

2) [全般] タブ画面上 [閲覧の履歴] セクションにある [削除…] ボタンをクリックします。  

3) [閲覧の履歴の削除] 画面にて [クッキーと Web サイト データ] にチェックが入っていることを確認して [削除] をクリックします。  

※ その他のオプションは既定値のままで構いません。  

    

4) [OK] をクリックして [インターネット オプション] 画面を閉じ、Internet Explorer の画面をすべて閉じます。  

   

 

 

  1. Internet Explorer のリセット 

インストールされているアドオンやその他の設定により、認証時に正しい認証情報を送信していない可能性があります。  

以下の手順で、Internet Explorer の設定をすべてリセットしていただき、現象に差異があるかをご確認ください。  

なおこの手順を実行した場合、インストールされているアドオンや信頼済みサイトの情報なども全てリセットされますので、ご注意ください。  

    

1) Internet Explorerを開きます。  

2) [ツール] - [インターネット オプション] - [詳細設定タブ] - [リセット] を押します。  

3) [OK] を押下します。  

4) Internet Explorer を閉じます。  

5) 開いている Internet Explorer を全て閉じ、立ち上げ直します。  

    

 

 

  1. Internet Explorer が既定の Web ブラウザーであるかのご確認 

PC に設定された [既定のプログラム] が、Internet Explorer 以外のブラウザーであった場合、以下の手順で Internet Explorer へ設定します。  

    

1) 画面左下の Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。  

2) 必要に応じて "表示方法" を [カテゴリ] へ変更し、[プログラム] をクリックします。  

3) [既定のプログラム] をクリックします。  

4) [既定のプログラムの設定] をクリックします。  

5) 表示されたプログラムの一覧から [Internet Explorer] をクリックします。  

6) [すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する] をクリックし、[OK] をクリックします。  

    

 

 

  1. 信頼済みサイトへの登録 

信頼済みサイトにアクセス先が登録されていない場合に、使用できない可能性があります。以下の手順で登録の確認をお願いいたします。  

    

1) Internet Explorer のメニュー バーにて [ツール] - [インターネット オプション] をクリックします。  

2) [セキュリティ] タブをクリックし、[信頼済みサイト] - [サイト] をクリックします。  

3) [Web サイト] に次の URL が表示されていない場合は追加します。  

    

https://portal.office.com 

https://*.sharepointonline.com 

https://*.officeapps.live.com 

https://*.cdn.office.ne 

https://*.si.office.net 

https://*.microsoft.com 

https://*.microsoftonline.com 

https://*.windows.net 

https://*.sharepoint.com 

https://*.akamaihd.net 

https://*.azure-dns.com 

https://*.azure-dns.net 

https://*.azure-dns.org 

https://*.azure-dns.info 

https://*.office365.com 

  

4) [閉じる] をクリックします。  

5) [インターネット オプション] の画面で[信頼済みサイト] を選択した状態で、[レベルのカスタマイズ] をクリックします。  

6) [設定] リストの一番下までスクロールし、このゾーンの [現在のユーザー名とパスワードで自動的にログオンする] がオンであることを確認します。  

7) [OK] をクリックします。  

8) 開いている Internet Explorer を全て閉じ、立ち上げ直します。  

    

 

 

  1. Office 365 にサインインする際に "サインインの状態を維持しますか?" を有効にする 

本機能をご利用の場合、Office 365 サインイン時に、必ず [サインインの状態を維持しますか?] のダイアログにて [はい] を選択して認証情報を保持していただく必要があります。  

    

1) Internet Explorer を開きます。  

2) [ツール] - [インターネット オプション] - [詳細設定タブ] - [リセット] を押します。  

3) [OK] を押下します。  

4) 開いている Internet Explorer を全て閉じ、立ち上げ直します。  

5) Office 365 へのサインイン時に、必ず [サインインの状態を維持しますか?] のダイアログにて [はい] を選択します。  

    

上記実施後、再度 "エクスプローラーで表示" をお試しくださいますようお願いいたします。  

    

docs.microsoft.com

    

"サインインの状態を維持しますか?" の動作について  

Internet Explorer からOffice 365 へアクセスする際の、[サインインの状態を維持しますか?] のダイアログにおいて [はい] を選択し、サインインいただく操作は、SharePoint Online および OneDrive for Business サーバーへサインインするための資格情報をローカル PC のディスク上に保存する動作となります。  

  

ローカル PC の WebClient サービスが SharePoint Online および OneDrive for Business サーバーへ接続する際に上記資格情報を参照するため、この操作が重要となります。  

  

なお、この操作によりディスク上に Cookie として保存された資格情報の保持期間は 8 - 10 時間程度、この Cookie が最後に更新されてから最大 5 日間でございます。  

  

そのため、資格情報が有効期限切れとなったことにより WebClient が SharePoint Online および OneDrive for Business サーバーへに接続できず、ローカル PC 起動時にサインインが必要となる可能性がございます。  

  

その場合、[サインインの状態を維持しますか?] のダイアログにおいて [はい] を選択し、改めてサインインをしていただく事により、再度ディスクに資格情報が書き込まれて接続が正常に行えるようになります。  

  

弊社検証環境においては [サインインの状態を維持しますか?] 選択時に [今後このメッセージを表示しない] にチェックを入れた場合でも、ブラウザーのキャッシュを削除することで再度 [サインインの状態を維持しますか?] が表示されることを確認しております。  

    

 

docs.microsoft.com

 

    

 

 

  1. WebClient サービス の最新化 

WebClient サービスのモジュールが最新でない場合、使用できない可能性があります。  

最新の更新プログラムをご適用いただき、現象が回避されるかご確認下さい。  

なお、WebClient サービスに関するモジュールは複数あるため、OS 毎に記載された更新プログラムをすべてインストールしてください。  

また更新プログラムによっては OS の再起動が必要なものがあります。  

※ 最新のアップデートは Windows Update (Microsoft Update) で入手ください。  

    

 

 

  1. プロキシの自動検出 

プロキシの自動検出に失敗する場合には、遅延やエラーが発生する場合があります。  

この場合、プロキシの自動検出をオフにしていただくことで改善できる可能性があります。  

    

1) Internet Explorer を起動し、[ツール] - [インターネット オプション] をクリックします。  

2) [接続] タブにて、[LAN の設定] をクリックします。  

3) [自動構成] セクションの [設定を自動的に検出する] にチェックが入っている場合は、チェックを外して [OK] をクリックします。  

4) インターネット オプションの画面で [OK] をクリックします。  

  

10. Web Client サービスのキャッシュを削除  

1) ローカル PC の [スタート] ボタンを右クリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。  

※ キーボードの [Windows マーク] + [R] をクリックいただきましても、[ファイル名を指定して実行] を開くことができます。  

2) [名前:] 欄に [services.msc] を入力し、[Enter] キーを押下します。  

3) サービスの一覧から、 [WebClient] を探してダブル クリックします。  

4) [状態] が "実行中" になっていることを確認し、[停止] をクリックします。  

5) エクスプローラーにて下記のフォルダー内にあるすべてのファイルを削除します。  

   

C:\Windows\ServiceProfiles\LocalService\AppData\Local\Temp\TfsStore\Tfs_DAV  

   

※ 上記の一部のフォルダーは、既定で隠しフォルダーとなっております。  

※ 完全なパスを直接指定してアクセスするとエラーとなる場合は、C: => Windows => ServiceProfiles ... と順番にアクセスしてください。  

   

6) [スタートアップの種類] を [自動] に設定し、[サービスの状態] にて [開始] をクリックします。  

 

広告

高スペックPCが約3万円で購入できます


【楽天年間ランキングでパソコン1位!】初期設定不要!すぐ使える! ノートパソコン 中古 Windows10 Office付き 新品 爆速SSD 中古パソコン Corei5 店長おまかせNECノート 4GB 15インチ 中古ノートパソコン リフレッシュPC

 

キーボード入力の手首の疲労軽減 低反発クッション

 

【Office365参考書】Teamsの[チーム]の[ファイル]にてユーザーが閲覧しかできないようにする方法

f:id:it-bibouroku:20200412215612p:plain

Microsoft Teams の[チーム]のチャネルからアップロードを行ったファイルの格納先は、Sharepoint Online のドキュメントライブラリに格納されます。 

  

そのため、Teams の [チーム]の[ファイル] について閲覧のみに限定する方法については、紐づく SharePoint サイトのドキュメントライブラリに対する固有の権限を作成することで、Teams の [ファイル] にてダウンロードや編集を禁止することが可能です。 

 

なお、[チャット]にて、ファイルを添付した場合は、OneDrive for Businessにアイテムが格納されるため、制限することができません。 

  

以下に手順をご案内いたします。 

  

 

 

1. アクセス許可レベルを作成する  

  1. 管理者 (所有者) アカウントにて、対象サイトを開きます。 

※ Teams にて対象チャネルの […] > [SharePoint で開く] をクリックします。 

  1. 画面右上の [歯車] - [サイトのアクセス許可] をクリックします。 
  2. 画面右側の"サイトのアクセス許可" セクションの [高度なアクセス許可の設定] をクリックします。 
  3. 画面上部の [権限] タブの [アクセス許可レベル] をクリックします。 
  4. [閲覧] をクリックします。
  5. 最下部にある [アクセス許可レベルのコピー] をクリックします。 
  6. "名前" 入力欄に任意のアクセス許可レベルの名前を入力します。 (例 : 閲覧のみ)
  7. "リストの権限" から [アイテムを開く - サーバー側のファイル ハンドラーを使用してドキュメントのソースを表示します。] のチェックをオフにします。 
  8. [作成] をクリックします。 

  

 

 

2. Microsoft Teams に招待しているユーザーを指定した閲覧権限の付与の手順 

 

1. 権限の継承を中止する

1-1. 管理者 (所有者) アカウントにて、対象サイトを開きます。  

※ Teams にて対象チャネルの [ファイル] をクリックし、[SharePoint で開く] をクリックします。 

1-2. 画面右上の [歯車] - [ライブラリの設定] をクリックします。  

1-3. [権限と管理] セクションの [このドキュメント ライブラリに対する権限] をクリックします。  

1-4. 左上に [権限の継承を中止] と表示されている場合は [権限の継承を中止] をクリックし、親サイトからの権限の継承を中止します。   

※ 左上に [固有の権限の削除] と表示されている場合はサイトからの権限の継承を受けていない状態なので、2-1. まで進みます。  

  

1-6. 確認のポップアップ画面が出るので [OK] をクリックします。  

  

※ この操作をすることで親サイトからの権限の継承が行われなくなります。  

  

2. 対象ユーザーに権限を付与する

2-1. 画面上段から [アクセス許可の付与] をクリックします。 

2-2. 画面上段の [新規] をクリックし、[名前または電子メール アドレスを入力してください] の欄に、対象のユーザーの表示名またはメールアドレスを入力します。 

2-3. [オプションの表示] をクリックし、許可レベルから項番 1 で作成したアクセス許可レベルを選択します。 

2-4. [共有] ボタンをクリックします。 

  

 

 

3. 対象ユーザーに付与されている既存の権限を削除する

3-1. [<チーム名> メンバー] をクリックします。 

3-2. 一覧から閲覧権限のみ付与するユーザーのチェックボックスにチェックを入れます。 

3-3. 上部の [操作] > [グループからのユーザーの削除] をクリックします。 

3-4. メッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。 

  

support.office.com

 

 

 

 

  

なお、Microsoft Teams のチームにメンバーとして招待しているすべてのユーザーまたはグループに対して閲覧のみに限定する場合は、既存の Sharepoint グループの [メンバー] のアクセス許可レベルを変更することで可能です。 

  

以下に手順をご紹介します。

  

Microsoft Teams 所有者以外のすべてのメンバーに対してダウンロードを制御する場合 

  1. 管理者 (所有者) アカウントにて、対象サイトを開きます。 

※ Teams にて対象チャネルの […] > [SharePoint で開く] をクリックします。 

  1. 画面左メニューの [ドキュメント] をクリックします。 
  2. 画面右上の [歯車] - [ライブラリの設定] をクリックします。 
  3. [権限と管理] セクションの [このドキュメント ライブラリに対する権限] をクリックします。 
  4. 左上に [権限の継承を中止] と表示されている場合は [権限の継承を中止] をクリックし、親サイトからの権限の継承を中止します。  

※ 左上に [固有の権限の削除] と表示されている場合はサイトからの権限の継承を受けていない状態なので、6 に進みます。  

  

  1. 権限の一覧から [<チーム名> メンバー] のチェックボックスにチェックを入れます。
  2. 画面上段の [ユーザー権限の編集] をクリックします。
  3. [編集] のチェックを外し、項番 1 で作成したアクセス許可レベルにチェックを入れます。
  4. [OK] をクリックします。

 

広告

高スペックPCが約3万円で購入できます


【楽天年間ランキングでパソコン1位!】初期設定不要!すぐ使える! ノートパソコン 中古 Windows10 Office付き 新品 爆速SSD 中古パソコン Corei5 店長おまかせNECノート 4GB 15インチ 中古ノートパソコン リフレッシュPC

 

キーボード入力の手首の疲労軽減 低反発クッション

 

【Office365参考書】リストのアイテムをコピーするには?

f:id:it-bibouroku:20200324233242j:plain

リストアイテムをコピーする方法については、カスタム リストのアイテムを Excel 形式でエクスポートし、Excel の内容をコピーしたものを [クイック編集] にて貼り付けをすることで可能です。 

  

今回は、"カスタム リストのアイテムを Excel 形式でエクスポート" および "カスタム リストへコピーする方法" の手順をご紹介したいと思います。

※ カスタム リストに添付したファイルにつきましては、エクスポートすることができません。  

   

 

 

 

リストのアイテムを Excel 形式でエクスポートする  

本手順にてエクスポートする内容は現在表示されているビューのアイテムのみです。  

   

  1. 該当のカスタム リストにアクセスします。 
  2. 画面上部の [Excel にエクスポート] をクリックします。 

※ クラシック表示の場合には、[リスト] タブ - [Excel にエクスポート] の順にクリックします。  

  1. 上記手順にてローカル PC 上にファイルを保存します。 

   

 

 

リストにアイテムをコピーする  

クイック編集画面にてエクスポートした Excel の内容を貼り付けしてコピーを行います。  

エクスポートした際と同じビューを利用してください。異なるビューの場合は、列ごとにコピーを行ってください。 

   

  1. 該当のカスタム リストにアクセスします。 
  2. 画面上部の [クイック編集] をクリックします。 

※ クラシック表示の場合には、[新しいアイテムまたはこのリストを編集] の [編集] をクリックします。  

  1. 上述でエクスポートした Excel ファイルを開き、[Ctrl] + [C] キーにて内容をコピーします。 
  2. カスタム リストのクイック編集画面にて、[Ctrl] + [V] にて貼り付けします。 
  3. [クイック編集の終了] をクリックし編集を完了します。 

 

広告

高スペックPCが約3万円で購入できます


【楽天年間ランキングでパソコン1位!】初期設定不要!すぐ使える! ノートパソコン 中古 Windows10 Office付き 新品 爆速SSD 中古パソコン Corei5 店長おまかせNECノート 4GB 15インチ 中古ノートパソコン リフレッシュPC

 

キーボード入力の手首の疲労軽減 低反発クッション

 

【Office365参考書】リストのビューの5000件の上限はモダンで回避できる?

f:id:it-bibouroku:20200324233242j:plain

リストやドキュメントライブラリには、ビューに表示できる上限が5000件であることを以下の記事で紹介しました。

 

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

 

 

上限を超えた場合、リストやドキュメントライブラリを開くとエラーにより表示ができなくなるなどの影響があります。

 

モダン表示の場合は回避できるかについて、紹介していきたいと思います。

 

モダン表示とクラシック表示の差異について 

モダン UI はクラシック UI のサイトとは異なり、デフォルトのフィルターで表示数を制限していることと、インターフェイスの動きで影響を受けにくい作りとなっております。  

   

クラシック UI ではビューのアイテムを一括で読み込む動作となり、5,000 件を超えている場合にしきい値の問題が発生しますが、モダン UI では、スクロールをすることで都度コンテンツを読み込む動作となりますため、しきい値のエラーは発生しないものとなっております。 

  

なお、具体的な上限数が公開されていませんが、20000件までとの情報があることを確認してます。

  

また、並び替えやフィルター設定については、クラシック UI および、モダン UI ともにインデックス付きの列であれば、5000 件を超えた場合でも可能です。 

  

モダン UI では並び替えを行う際のしきい値の問題を回避するため、対象の列の並び替えを行う際に自動でインデックス付きの列に変換するよう動作します。  

しかしながら、アイテム数が配下のアイテムを含め 20,000 件を超える場合は、自動インデックス作成は行われません。 

  

support.office.com

   

--------以下抜粋--------  

注: モダン環境で並べ替えを実行する際のインデックスの自動作成は、含まれるアイテム数が 2 万未満のリストおよびライブラリに限定されています。  

--------抜粋以上--------  

  

 

 

アイテム 20,000 件以上のフォルダー内でフィルターを利用した場合、5,000 件を超えるアイテムの処理となる場合には、表示ができないことを確認しております。  

  

また、並び替えに関しては、検証した結果、19,998 件のアイテムを任意の列で並び替えした場合、エラーは発生せずインデックス付きの列が自動作成され、一方 20,002 件のアイテムを任意の列で並び替えをしたところ、エラーが発生しインデックス付きの列も作成されず表示ができない動作となることを確認しております。  

※ 自動ではインデックスが作成されませんが、手動でインデックスを作成すると、エラーを回避し 20,000 件以上のアイテムを表示させることが可能となります。 

 

 

 

インデックス付き列の追加の上限について 

リストやライブラリにてインデックス付きの列を利用するにあたり、最大 20 列までのインデックス作成が可能です。 

 

なお、手動のインデックス列を 20 列作成し、リストのアイテムを 5000 個以上ある状態で、通常の列を作成した場合に自動インデックスの列が追加されて並び替えが可能であるか検証しました。

 

その結果、エラーにより並び替えができませんでしたので、 手動のインデックス列と自動のインデックス列を合わせて 20 列であるため、通常の列を作成しても自動のインデックス列が作成されずに並び替えができかなったものと想定されます。 

 

検証結果としては、自動インデックスの列と手動インデックスの列をあわせて 20 列だという結果になりました。

  

support.microsoft.com

 

 

広告

高スペックPCが約3万円で購入できます


【楽天年間ランキングでパソコン1位!】初期設定不要!すぐ使える! ノートパソコン 中古 Windows10 Office付き 新品 爆速SSD 中古パソコン Corei5 店長おまかせNECノート 4GB 15インチ 中古ノートパソコン リフレッシュPC

 

キーボード入力の手首の疲労軽減 低反発クッション

 

IQOS(アイコス)で製品登録をLINEでする場合は要注意!レシートは捨てないほうがいい?

f:id:it-bibouroku:20200622224023p:plain

IQOSの製品登録は、IQOSウェブサイト、または、LINE公式アカウントからおこなうことができます。

 

製品登録をすると、以下の会員限定プログラムIQOSケアプラスのサービスが受けられます。

1.安心の1年間品質保証:メーカー保証期間が購入後6か月から1年に延長されます。
2.思わぬ破損もカバー:落下や水漏れなど自損による思わぬ破損も送料含め無償で修理交換
 - IQOS 3:ポケットチャージャーとホルダー各1回まで
  - IQOS 3 MULTI:1回まで
3.24時間サポート:365日24時間対応のサポートと、24時間以内の交換サービスをご用意
 - IQOS LINE公式アカウントとIQOSウェブサイトで、24時間いつでもチャットでお問い合わせが可能
4.最新情報をいつでも:新製品やキャンペーン情報など、あなたのIQOSライフを豊かに彩る最新情報をいち早くご案内

 

LINE公式アカウントから製品登録をした場合は必ず購入したときのレシートは捨てないでください!!

 

LINE公式アカウントから製品登録した場合は、購入した時期の整合性が取れないため、レシートが無いと故障で交換する場合にもめる場合があります

 

それよりも、LINE公式アカウントから製品登録をせずに公式ウェブサイトから登録することをおすすめします!

 

 メルカリなどで購入した場合は、製品登録できないことがあるので公式サイトやストアでなるべく購入したほうがいいです!

 

まとめ

  1. LINE公式アカウントから製品登録する場合はレシートは捨てない
  2. 製品登録は公式ウェブサイトから登録する
  3.  メルカリなどで購入せずに公式サイトやストアで購入する

 

広告

高スペックPCが約3万円で購入できます


【楽天年間ランキングでパソコン1位!】初期設定不要!すぐ使える! ノートパソコン 中古 Windows10 Office付き 新品 爆速SSD 中古パソコン Corei5 店長おまかせNECノート 4GB 15インチ 中古ノートパソコン リフレッシュPC

 

キーボード入力の手首の疲労軽減 低反発クッション