社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Office365参考書】PowershellでExchangeOnlineに接続する手順

目の疲れを防止するにはPCメガネがオススメです!

ドメインを購入するならお名前ドットコム

 

レンタルサーバーならエックスサーバー

今回は、Powershell でコマンドレットで Exchange Online の設定や確認をおこなう場合に、Exchange Online に接続する手順を解説します。 

  

 

  

Powershell にて Exchange Online に接続する手順 

  1. Windows PowerShell を起動します。

- [スタート] をクリックします 

- 画面をスクロールさせて、[Windows PowerShell] を右クリックします。 

- 画面下に表示される [管理者として実行] をクリックします。 

  

 

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned 

- 警告メッセージが表示されますので、[Y] と入力して [Enter] キーを押下します。 

  

  1. 接続のために以下のコマンドレットを実行します。

  

2-1. 

$UserCredential = Get-Credential 

  

※ ここで資格情報の確認が表示されますので、Office 365 の管理者権限のあるアカウントとパスワードを入力します。 

 

  

2-2. 

$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection 

  

※ 上記コマンドは 1 行のコマンドです。改行せずに実行してください。 

※ 警告が表示されますが、正常に接続されている証拠ですので問題ございません。 

  

2-3. 

Import-PSSession $Session -AllowClobber 

  

これで Exchange Online への接続は完了してますので、コマンドレットを実行しましょう。 

 

f:id:it-bibouroku:20200306163650p:plain

  

 

補足で、Azure Active Directory (Azure AD)、SharePoint Online、セキュリティコンプライアンスセンター に接続する場合についても触れておきたいと思います。 

それぞれのサービスの設定で利用する場合にご活用ください。 

  

Azure Active Directory (Azure AD) に接続する場合 

Get-MsolUser や Set-MsolGroup など Msol がコマンドレットに含む場合は、Azure AD への接続が必要です。 

  

その場合、初回のみモジュールのインストールが必要となります。 

※インストールが完了している場合は、[Connect-Msolservice] から実施してください。 

  

インストールする際のコマンドレット 

  1. Powershell を起動して以下のコマンドレットを実行します。

  

【コマンドレット】 

Install-Module -Name MSOnline 

  

特にエラーなどが発生しなければ、インストールは完了しております。 

  

  1. つづけて以下のコマンドレットを実行し、Office 365 への接続を行います。

コマンドレット実行後、Office 365 管理者のアカウント ID とパスワードを入力してください。 

  

【コマンドレット】 

Connect-Msolservice 

  

blogs.technet.microsoft.com

  

  

SharePoint Online へ接続する場合 

  1. 下記 URL から SharePoint Online Management Shell をダウンロードします。

   ※ 既に最新の SharePoint Online Management Shell をインストールされている場合は、本操作は必要ありません。 

  

 

www.microsoft.com

 

  

  1. Powershell を起動し、以下のコマンドレットを実行します。

<構文> 

Connect-SPOService -Url <接続先テナントの SharePoint の URL> 

  

<実行例> 

Connect-SPOService -Url https://contoso-admin.sharepoint.com 

  

※ URL は、http://"テナントドメイン(onmicrosoft.comの先頭)"-admin.sharepoint.com の形式です。 

  

  1. 資格情報の確認が表示されますので、Office 365 の管理者権限のあるアカウントとパスワードを入力します。

  

  

セキュリティコンプライアンスセンターへ接続する場合 

  1. Windows PowerShell を起動します。

- [スタート] をクリックします 

- 画面をスクロールさせて、[Windows PowerShell] を右クリックします。 

- 画面下に表示される [管理者として実行] をクリックします。 

  

2-1. 

$UserCredential = Get-Credential 

  

※ ここで資格情報の確認が表示されますので、Office 365 の管理者権限のあるアカウントとパスワードを入力します。 

 

  

2-2. 

$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.compliance.protection.outlook.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection 

  

※ 上記コマンドは 1 行のコマンドです。改行せずに実行してください。 

※ 警告が表示されますが、正常に接続されている証拠ですので問題ございません。 

  

2-3. Import-PSSession $Session 

 

広告

目の疲れを防止するにはPCメガネがオススメです!

 

 


【ランキング1位獲得】 JIS検査済 PCメガネ パソコン メガネ PC眼鏡 ブルーライトカット 96% UV420 紫外線カット 眼鏡 メンズ レディース ケース クロス セット ブルーカット眼鏡 伊達眼鏡 伊達めがね 伊達メガネ uvカット
 

 

高スペックPCが約3万円で購入できます

 
すぐ届く!【楽天年間ランキングでパソコン1位!】初期設定不要!すぐ使える! ノートパソコン 中古 Windows10 Office付き 新品 爆速SSD 中古パソコン Corei5 店長おまかせNECノート 4GB 15インチ 中古ノートパソコン リフレッシュPC
 

 

アフィリエイトをするなら「もしもアフィリエイト(登録無料)」