社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Microsoft365参考書】Powershellにて、先進認証で自動的にExchangeOnlineに接続するには?

f:id:it-bibouroku:20210404095716p:plain

以前、以下の記事にてExchangeOnlineに自動的に接続する方法をご紹介させていただきました。

 

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

この記事では基本認証でExchangeOnlineに接続する方法となるため、2022年10月に基本認証が廃止されることを利用できなくなると想定されます。

 

そのため、先進認証で接続する場合の方法についてご紹介していきたいと思います。

 

 

先進認証で接続するps1ファイルを作成する手順

  1. メモ帳を開いていただき、以下のコマンドレットをテキストで入力してください。

  

<構文> 

$login = "ログインID" 

$pwd = "PW" 

$str = ConvertTo-SecureString $pwd -AsPlainText -Force 

$UserCredential = New-Object System.Management.Automation.PSCredential $login, $str 

Connect-ExchangeOnline -Credential $UserCredential -ShowProgress $true 

  

<実行例> 

$login = "admin@contoso.com

$pwd = "123456" 

$str = ConvertTo-SecureString $pwd -AsPlainText -Force 

$UserCredential = New-Object System.Management.Automation.PSCredential $login, $str 

Connect-ExchangeOnline -Credential $UserCredential -ShowProgress $true 

  

  1. [ファイル] をクリックし、[名前を付けて保存] をクリックしてください。
  2. [ファイル名] は任意の文字を入力し、拡張子を [.ps1] で入力します。

例:O365.ps1 

  1. [ファイルの種類] は [すべてのファイル] に変更します。
  2. 保存場所を選択し、[保存] をクリックします。

例:C ドライブ配下の Temp フォルダに保存 

  

  

Powershell による実行手順

  1. [Windows PowerShell] アイコンを右クリックして、[管理者として実行 (A)] をクリックします。
  2. ファイル名を入力します。

例:Temp フォルダに保存した場合:\temp\o365.ps1 

※上記コマンド実行後、警告が表示されますが問題ございません。