社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Microsoft365参考書】メールボックスの制限を適用するにはUseDatabaseQuotaDefaultsをFalseに更新してください

f:id:it-bibouroku:20210404095716p:plain

Powershellにて、以下の容量の上限の閾値を変更した場合にエラーが発生した事例についてご紹介します。

 

  • CalendarLoggingQuota
  • IssueWarningQuota
  • ProhibitSendQuota
  • ProhibitSendReceiveQuota
  • RecoverableItemsQuota
  • RecoverableItemsWarningQuota

 

エラー内容

“警告: メールボックスの制限を適用するには UseDatabaseQuotaDefaults を False に更新してください。” 

  

Exchange Online では、UseDatabaseQuotaDefaults は通常、False で作成されるパラメーターです。

なお、[UseDatabaseQuotaDefaults] が "True" とすることで、メールボックス データベースで構成されているクォーター値を参照する動作となり、メールボックスごとの容量のしきい値が適用されなくなります。 

  

docs.microsoft.com

 

※ UseDatabaseQuotaDefaults の項目をご参照ください。 

  

そのため、意図的に [UseDatabaseQuotaDefaults] を "True" としていない場合は、False に変更することでエラーを解消することができます。

   

 

UseDatabaseQuotaDefaults の設定状況を確認するコマンド

PowerShell より Exchange Online に接続し実行します。 

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

  

[構文] 

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited -RecipientTypeDetails UserMailbox | Select DisplayName,PrimarySmtpAddress,UseDatabaseQuotaDefaults | Export-Csv -Encoding UTF8 -NoTypeInformation -Path "保存先のパス\ファイル名.csv

  

[実行例] 

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited -RecipientTypeDetails UserMailbox | Select DisplayName,PrimarySmtpAddress,UseDatabaseQuotaDefaults | Export-Csv -Encoding UTF8 -NoTypeInformation -Path "C:\Temp\UseDatabaseQuotaDefaults-TrueUser.csv

 

<出力結果>

DisplayName : 表示名

PrimarySmtpAddress : メールアドレス

UseDatabaseQuotaDefaults : True or False

 

 

 

UseDatabaseQuotaDefaults が True になっているユーザー メールボックスを一括で False に変更するコマンド 

  

[実行例] 

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited -RecipientTypeDetails UserMailbox -Filter {UseDatabaseQuotaDefaults -eq $True} | Set-Mailbox -UseDatabaseQuotaDefaults $False