社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Microsoft365参考書】既定のアイテム保持ポリシーを「なし」にすることができるか?

f:id:it-bibouroku:20210404095716p:plain

新規にメールボックスを作成した際、既定ではアイテム保持ポリシーは「Default MRM Policy」が割り当てられますが、「割り当て無し」とするように可能であるかについてご紹介していきたいと思います。

 

アイテム保持ポリシーについては、以下の記事をご参照いただけますと幸いです。

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

 

新規作成のメールボックスの既定のアイテム保持ポリシーを変更する場合、MailboxPlan の機能を利用することで可能です。 

  

ただし、MailboxPlan の RetentionPolicy 属性の値を Null とした場合、該当 MailboxPlan を使用してメールボックスの作成を行う際に、テナント内のアイテム保持ポリシーより、IsDefault の値が "True" となっているアイテム保持ポリシーが適用される動作となっており、メールボックス作成時にアイテム保持ポリシーを割り当てない(ポリシーなし) とする設定はできません。

 

 

 そのため、保持タグが設定されていない新規アイテム保持ポリシーを作成し、作成した新規アイテム保持ポリシーを MailboxPlan の RetentionPolicy に指定することで可能です。 

  

以下に保持タグを持たないアイテム保持ポリシーを新規作成し、対象のポリシーを MailboxPlan に設定する手順をご案内いたします。 

 

    

保持タグを含まないアイテム保持ポリシーを作成するコマンド 

PowerShell より Exchange Online に接続し実行します。 

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

  

[構文] 

New-RetentionPolicy -Name "設定するアイテム保持ポリシー名" 

  

[実行例] 

New-RetentionPolicy -Name "NoRetentionPolicy" 

  

Get-RetentionPolicy などで新規アイテム保持ポリシーの作成を確認後、MailboxPlan を設定します。 

  

メールボックスプランのアイテム保持ポリシーを設定 

上記で作成したアイテム保持ポリシーをメールボックスプランの規定値に設定します。 

  

1. MailboxPlan の名前を確認します。 

※ Identity と RetentionPolicy を出力します。 

  

[構文] 

Get-MailboxPlan | Select Identity,RetentionPolicy 

  

[実行結果例] 

Identity                                                      RetentionPolicy 

--------                                                      --------------- 

ExchangeOnlineDeskless-c6aaa2f3-113d-45c1-a731-d7e04f2d3***   Default MRM Policy 

ExchangeOnlineEnterprise-a9f39747-bfbc-49c2-8f47-811fe96c5*** Default MRM Policy 

ExchangeOnline-8ea90f48-a64a-4459-b7c8-4d06b77dd***           Default MRM Policy 

ExchangeOnlineEssentials-53073394-8d9f-41d0-8757-9f6a76af5*** Default MRM Policy 

※ RetentionPolicy が $Null(なし) である場合、既定のアイテム保持ポリシーが割り当てられる動作となります。 

  

備考 

Get-MailboxPlan にて取得が行えるプランにつきまして、以下のとおりです。 

  

・ ExchangeOnlineDeskless-...   → Kiosk Plan 

・ ExchangeOnline-...           → Exchange Online Plan 1 が内包されているプラン 

・ ExchangeOnlineEnterprise-... → Exchange Online Plan 2 が内包されているプラン 

・ ExchangeOnlineEssentials-... → 使用されていないプランであることを確認しております。 

  

  

2. 上記で取得した MailboxPlan の Identity を指定してアイテム保持ポリシーの変更を行います。 

  

[構文] 

Set-MailboxPlan -Identity <プラン名> -RetentionPolicy "アイテム保持ポリシー名" 

  

[実行例 .1] 

※ Exchange Online Plan 2 の既定で適用されるアイテム保持ポリシーを変更する 

Set-MailboxPlan -Identity ExchangeOnlineEnterprise-d0429bb2-94eb-4000-b3a3-712c5fbeexxx -RetentionPolicy "NoRetentionPolicy" 

  

[実行例 .2] 

※ すべての Exchange Online プランで既定で適用されるアイテム保持ポリシーを変更する 

Get-MailboxPlan | Set-MailboxPlan -RetentionPolicy "NoRetentionPolicy" 

  

上記実行後、今後該当の MailboxPlan を用いて新規作成されるメールボックスに対してのみ変更がおこなわれる動作です。 

  

docs.microsoft.com