社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Office365参考書】受信コネクタを解説

今回は受信コネクタについてご紹介していきたいと思います。 

 

受信コネクタを利用する目的としては、主に以下のシナリオが想定されます。 

 

  1. 指定した送信元サーバーから送信されるメールに対してTLSの暗号化を強制する。 
  2. 指定したIPアドレス以外から送信されたメールを拒否する 
  3. SMTPリレーを構成する 
  4. IPスロットリングを回避する 

 

受信コネクタを作成する場合、送信元をプルダウンにて、「組織のメールサーバー」、または、「パートナー組織」を指定し、送信先を「Office365」とします。 

 

概念としては、「組織のメールサーバー」はオンプレミスなど固有で保持しているサーバーの場合、「パートナー組織」は他クラウドサービスなど共有しているサーバーですが、受信コネクタの場合は、明確にそれぞれの動作が異なります。 

 

まず、「パートナー組織」は上記のシナリオの1.と2.の場合に利用します。 

「組織のメールサーバー」は、3.と4.の場合に利用します。 

 

TLSの暗号化の強制や指定したIPアドレスから送信されたメールを拒否する設定については、ドメイン単位での指定やIPアドレスの指定が可能です。 

 

SMTPリレーの構成やIPスロットリングの回避については、IPアドレス単位での指定や証明書での指定が可能です。 

 

「組織のメールサーバー」を指定する場合の注意点として、保有している固定IPアドレスである必要があります。 

 

 

-補足- 

IPアドレスが他クラウドサービスなど共有しているパブリックIPアドレスの場合、受信コネクタを設定したOffice365テナント (例 : テナント A) と同一の Exchange Online Protection (EOP) のフォレストに存在する別Office365テナント (例 : テナント B) 宛に、受信コネクタに指定したパブリック IP アドレス (該当の他クラウドサービスなど) からメールが送信された場合、該当メールはテナント B ではなくテナント A へ引き込まれる可能性があります。 

テナント A に引き込まれたメールは、テナント A 内に宛先が存在しないため、最終的にはメールアドレスを参照してテナント B へ配送されますが、本来経由すべきではないテナント A を経由するため、テナント A で取得したメッセージ追跡に記録が残ったり、配信に遅延が生じる可能性があるので、共有しているパブリックIPアドレスは登録しないでください。 

 

また、「組織のメールサーバー」で受信コネクタを作成する場合、[内部の Exchange メールのヘッダーを保持する (推奨)] という設定がありますが、これは、オンプレミスのサーバーが Exchange 2010 以降の場合、この項目にチェックを付けることで、メッセージがコネクタを通過するときも、内部 Exchange 電子メールヘッダーを保持する動作となります。 

 

なお、Exchange Server 以外のオンプレミス環境を利用している場合は、[内部の Exchange メールのヘッダーを保持する] のオンオフに関わらず、独自のメールヘッダーは保持される動作となりますので、チェックを入れても入れなくてもどちらでもいいです。 

 

blogs.technet.microsoft.com

 

 

広告

 

目の疲れを防止するにはPCメガネがオススメです!

 

 

 
【ランキング1位獲得】 JIS検査済 PCメガネ パソコン メガネ PC眼鏡 ブルーライトカット 96% UV420 紫外線カット 眼鏡 メンズ レディース ケース クロス セット ブルーカット眼鏡 伊達眼鏡 伊達めがね 伊達メガネ uvカット
 

 

 

アフィリエイトをするなら「もしもアフィリエイト(登録無料)」