社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Office365参考書】メールボックスの情報を取得するにはGet-Mailbox?新しいメールボックス順に出力するには?

f:id:it-bibouroku:20210404095716p:plain

メールボックスの情報などを一覧で取得する場合、主にPowershellのコマンドレットを利用する方法となりますが、Get-Mailboxでメールアドレスや表示名、各設定など取得することが可能です。

 

また、アクティブなメールボックスだけではなく、削除したユーザーや非アクティブなメールボックスの情報も

取得することができます。

以下に一例をご紹介しますので、ご参考としていただけますと幸いです。

 

以下のサイトをもとにExchangeOnlineに接続してから実行してください。

 

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

 

 

 

非アクティブなメールボックスの情報を出力する場合

※パラメーターにて、InactiveMailboxを追加します。

<構文> 

Get-Mailbox -InactiveMailbox | Export-CSV -Encoding UTF8 -Path <ファイルパス\ファイル名>.csv -NoTypeInformation 

  

<実行例> 

Get-Mailbox -InactiveMailbox | Select DisplayName,PrimarySmtpAddress | Export-CSV -Encoding UTF8 -Path C:\temp\Primary.csv -NoTypeInformation 

※C ドライブの配下の temp フォルダーに Primary.csv という名前のファイルで情報保存する場合 

 

非アクティブなメールボックスとアクティブなメールボックスの情報を取得する場合

※パラメーターにて、IncludeInactiveMailboxを追加します。

<実行例> 

Get-Mailbox -Identity test@contoso.com -IncludeInactiveMailbox | Export-CSV -Encoding UTF8 -Path C:\temp\IncludeInactive.csv -NoTypeInformation 

  

削除済みユーザーの情報を取得する場合

※パラメーターにて、SoftDeletedMailboxを追加します。

<実行例> 

Get-Mailbox -Identity test@contoso.com -SoftDeletedMailbox | Export-CSV -Encoding UTF8 -Path C:\temp\SoftDeleted.csv -NoTypeInformation 

  

 

削除したユーザーも含め全ユーザーの情報を取得する場合 

※Get-Recipientのコマンドレットを利用した方法となります。

<実行例>

$Temp = Get-Recipient -Identity * -IncludeSoftDeletedRecipients -ResultSize Unlimited 

  

$Temp | Export-Csv -Encoding UTF8 -NoTypeInformation -Path "C:\Temp\recipient.csv

 

  

補足となりますが、新しいメールボックス順 (作成が新しい順番)でメールボックス、および、非アクティブなメールボックスを出力する方法をご紹介します。

また、特定のドメインのメールボックスで指定するようにフィルターをおこなっていますので、すべてのドメインを指定する場合は、-Filter {WindowsEmailAddress -like "*@ドメイン"}を削除して実行してください。

 

 

作成された日時の直近のものから上位100レコード のメールボックスを出力する場合 

  

<構文> 

Get-Mailbox -Filter {WindowsEmailAddress -like "*@ドメイン"} -RecipientTypeDetails UserMailbox -ResultSize Unlimited | Sort-Object -Property WhenMailboxCreated -Descending | select PrimarySmtpAddress,DisplayName,WhenMailboxCreated -first 100 | Export-CSV -Encoding UTF8 -Path <ファイルパス\ファイル名>.csv -NoTypeInformation 

  

<実行例> 

Get-Mailbox -Filter {WindowsEmailAddress -like "*@contoso.com"} -RecipientTypeDetails UserMailbox -ResultSize Unlimited | Sort-Object -Property WhenMailboxCreated -Descending | select PrimarySmtpAddress,DisplayName,WhenMailboxCreated -first 100 | Export-CSV -Encoding UTF8 -Path C:\temp\UserMailbox.csv -NoTypeInformation 

※C ドライブの配下の temp フォルダーに UserMailbox.csv という名前のファイルで情報保存する場合 

  

<出力結果> 

PrimarySmtpAddress : プライマリメールアドレス 

DisplayName : 表示名 

WhenMailboxCreated : 作成日時 

※ 作成日時の新しい順番に 100 名までのユーザーメールボックスが出力されます。 

  

作成された日時の直近のものから上位100レコード の非アクティブなメールボックスを出力する場合 

  

<構文> 

Get-Mailbox -Filter {WindowsEmailAddress -like "*@ドメイン"} -InactiveMailboxOnly -ResultSize Unlimited | Sort-Object -Property WhenMailboxCreated -Descending | select PrimarySmtpAddress,DisplayName,WhenSoftDeleted -first 100 | Export-CSV -Encoding UTF8 -Path <ファイルパス\ファイル名>.csv -NoTypeInformation 

  

<実行例> 

Get-Mailbox -Filter {WindowsEmailAddress -like "*@contoso.com"} -InactiveMailboxOnly -ResultSize Unlimited | Sort-Object -Property WhenMailboxCreated -Descending | select PrimarySmtpAddress,DisplayName,WhenSoftDeleted -first 100 | Export-CSV -Encoding UTF8 -Path C:\temp\Inactive.csv -NoTypeInformation 

※C ドライブの配下の temp フォルダーに Inactive.csv という名前のファイルで情報保存する場合 

  

<出力結果> 

PrimarySmtpAddress : プライマリメールアドレス 

DisplayName : 表示名 

WhenSoftDeleted : 非アクティブなメールボックスに変換された日時 

※ 非アクティブなメールボックスに変換された日時の新しい順番に 100 名までの非アクティブなメールボックスが出力されます。