社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Microsoft365参考書】複数のユーザーメールボックスを一括で共有メールボックスに変換するには?

以前、以下の記事にて退職したユーザーを共有メールボックスに変換し、ライセンスを利用せずに残す方法をご紹介させていただきました。

 

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

今回は、ユーザーメールボックスを共有メールボックスにする際に、複数のユーザーメールボックスを一括で共有メールボックスに変換する手順をご紹介させていただきます。

 

手順としては、CSVファイルに共有メールボックスに変換するユーザーをまとめていただき、PowershellCSVファイルをインポートして一括で実施する方法となります。

 

以下に手順をご案内していきたいと思います。

 

ExchangeOnlineに接続してから実行してください。

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

 

 

1. 対象メールボックスを記載した CSV ファイルの作成を行う 

共有メールボックスへ変換を行う対象メールボックスが記載された CSV ファイルを作成します。 

  

CSV ファイルの編集 

  1. メモ帳などのテキスト エディタを開きます。
  2. 以下の内容で CSV ファイルを作成します。

  

[作成例] 

PrimarySmtpAddress 

user001@contoso.com 

user002@contoso.com 

(以下 省略) 

  

※ 1 行目は固定で、設定を行う対象メールボックスを 2 行目以降に記載します。 

※ 作成する CSV ファイルはUTF-8形式で保存ください。 

  

 

CSV ファイル を UTF-8 で保存する手順 

  1. CSV ファイルを右クリックし、[プログラムから開く] - [メモ帳] の順にクリックします
  2. 開いたメモ帳で [ファイル] - [名前を付けて保存] の順にクリックします。
  3. ファイルの種類で「すべてのファイル」を選択します。
  4. 文字コードで「UTF-8」を選択します。
  5. [保存] をクリックします。

 

 

  

2. CSV ファイルを取り込み一括で共有メールボックスに変換します 

以下のコマンドレットを実施します。 

  

[構文] 

Import-CSV "<ファイル名を含んだ保存先のパス>" | foreach { Set-Mailbox -Identity $_.PrimarySmtpAddress -Type Shared Start-Sleep -m300} 

  

[実行例] 

Import-CSV "C:\Temp\MailBoxList.csv" | foreach { Set-Mailbox -Identity $_.PrimarySmtpAddress -Type Shared Start-Sleep -m300}