社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Microsoft365参考書】非アクティブなメールボックスを削除するには?メールデータのみ削除するには?

f:id:it-bibouroku:20210404095716p:plain

訴訟ホールドなどの保持機能を有効化した状態で Exchange Online のライセンスを付与したままアカウントを削除することで、非アクティブなメールボックスとして残り続ける動作です。

 

非アクティブなメールボックスについては以下の記事もご参照いただけますと幸いです。

 

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

  

なお、非アクティブなメールボックスのデータを削除する場合、訴訟ホールドの期限を有期限とすることで、指定した期間を経過したアイテムは削除される動作となります。 

例として、保持期間を 1 年とした場合、年経過したアイテムが削除される動作となります。 

 

  

また、非アクティブなメールボックス自体を削除する場合は、訴訟ホールドを無効化することで可能です。 

  

なお、非アクティブなメールボックスの訴訟ホールドの期間の変更や無効化は、Powershell のコマンドレットを利用することで可能です。 

  

以下にコマンドレットをご紹介します。

 

以下のサイトを参考にExchange Online に接続してから実行してください。 

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

   

 

1. 非アクティブなメールボックス情報の取得 

 

[実行例] 

Get-Mailbox -InactiveMailboxOnly -ResultSize Unlimited | Select DisplayName,LitigationHoldEnabled,LitigationHoldDuration,PrimarySmtpAddress,Guid | Export-Csv -NoTypeInformation -Encoding UTF8 -Path C:\Temp\InactiveMailboxOnly.csv 

※ 実行例は C ドライブの Temp フォルダーに情報が出力されます。適宜ファイル名の変更をお願い申し上げます。 

  

[出力項目] 

DisplayName : 表示名 

LitigationHoldEnabled : 訴訟ホールドの設定 (True / 有効、False / 無効) 

LitigationHoldDuration : 訴訟ホールドの保持期間 

PrimarySmtpAddress : プライマリ メール アドレス 

Guid : メールボックスの Guid 

  

2. 保持期間を変更する場合 

[構文] 

Set-Mailbox -Identity "<項番1 で取得した情報の [GUID]>" -InactiveMailbox -LitigationHoldDuration <指定する保持期間 (日)> 

  

[実行例] 

Set-Mailbox -Identity "a351597b-c3ad-43cf-a0dd-ddb327307105" -InactiveMailbox -LitigationHoldDuration 30 

※ 上記の例では、30 日に変更しています。 

  

非アクティブなメールボックス自体を削除する場合は、以下のコマンドレットを実行してください。 

  

3. 訴訟ホールドを無効化する場合 

 

[構文] 

Set-Mailbox -Identity "<項番1 で取得した情報の [GUID]>" -InactiveMailbox -LitigationHoldEnabled $False 

  

[実行例] 

Set-Mailbox -Identity "a351597b-c3ad-43cf-a0dd-ddb327307105" -InactiveMailbox -LitigationHoldEnabled $False