社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Office365参考書】退職したユーザーを非アクティブなメールボックスとして残す?

f:id:it-bibouroku:20200305151118j:plain

退職者のアカウントに対して訴訟ホールドなどの保持機能を有効に設定している場合、ライセンスが付与されている状態でユーザーを削除しますと、付与されていたライセンスは自動的に外れ、[非アクティブなメールボックス] として、訴訟ホールドなどの保持機能で設定している保持期間サーバーに保存される動作になります。 

  

 

 

 保持機能については、以下の記事をご参照ください。

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 


 

なお、非アクティブなメールボックスのアドレスにメールが送信されても受信はできませんので、あくまでメールデータの保管を目的としたものです。 

  

非アクティブなメールボックスを利用するには、訴訟ホールドなどの保持機能が必要ですので、Exchange Online プラン2 のライセンスが必要です。 

  

もし、Exchange Online プラン 1 しかない場合は、非アクティブなメールボックス専用に Exchange Online プラン 2 のライセンスを用意し、非アクティブなメールボックスとしてライセンスが外れたら、Exchange Online プラン 2 を解約しても問題ないです。

※Exchange Online プラン1 +  Exchange Online Archivingのライセンスでも可能です。

  

ただし、Office365 テナントからExchange Onlineのライセンスをすべて無くしてしまうとExchange Online自体が消滅してしまうので、非アクティブなメールボックスを残すことができません。 

そのため、Exchange Onlineプラン1 を1個だけでも残しておけば、非アクティブなユーザーとして残し続けることができます。 

 

 

  

以下の公開情報もあわせてご参照ください。

answers.microsoft.com

 

 

なお、非アクティブなメールボックスのメールを閲覧するには、管理者にて、[コンテンツの検索]の機能を利用することで可能です。

 

[コンテンツの検索]については、以下の記事をご参照ください。

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

保持期限が切れた場合

有期限で保持設定をしている場合、保持期限が切れた場合、非アクティブなメールボックスで保持されているアイテムが削除される動作となりますが、非アクティブなメールボックス自体は削除されずに残り続けます。

保持機能を無効化することで非アクティブなメールボックスを削除することができます。

 

非アクティブなメールボックスを確認するコマンドレット

以下のコマンドレットで、非アクティブなメールボックスの一覧を取得することが可能です。

 

<構文> 

Get-Mailbox -InactiveMailbox | Select DisplayName,PrimarySmtpAddress | Export-CSV -Encoding UTF8 -Path <ファイルパス\ファイル名>.csv -NoTypeInformation 

  

<実行例> 

Get-Mailbox -InactiveMailbox | Select DisplayName,PrimarySmtpAddress | Export-CSV -Encoding UTF8 -Path C:\temp\Primary.csv -NoTypeInformation 

※C ドライブの配下の temp フォルダーに Primary.csv という名前のファイルで情報保存する場合 

 

<出力結果>

DisplayName : 表示名

PrimarySmtpAddress : プライマリアドレス