社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Office365参考書】リストのビューの5000件の上限はモダンで回避できる?

f:id:it-bibouroku:20200324233242j:plain

リストやドキュメントライブラリには、ビューに表示できる上限が5000件であることを以下の記事で紹介しました。

 

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

 

 

上限を超えた場合、リストやドキュメントライブラリを開くとエラーにより表示ができなくなるなどの影響があります。

 

モダン表示の場合は回避できるかについて、紹介していきたいと思います。

 

モダン表示とクラシック表示の差異について 

モダン UI はクラシック UI のサイトとは異なり、デフォルトのフィルターで表示数を制限していることと、インターフェイスの動きで影響を受けにくい作りとなっております。  

   

クラシック UI ではビューのアイテムを一括で読み込む動作となり、5,000 件を超えている場合にしきい値の問題が発生しますが、モダン UI では、スクロールをすることで都度コンテンツを読み込む動作となりますため、しきい値のエラーは発生しないものとなっております。 

  

なお、具体的な上限数が公開されていませんが、20000件までとの情報があることを確認してます。

  

また、並び替えやフィルター設定については、クラシック UI および、モダン UI ともにインデックス付きの列であれば、5000 件を超えた場合でも可能です。 

  

モダン UI では並び替えを行う際のしきい値の問題を回避するため、対象の列の並び替えを行う際に自動でインデックス付きの列に変換するよう動作します。  

しかしながら、アイテム数が配下のアイテムを含め 20,000 件を超える場合は、自動インデックス作成は行われません。 

  

support.office.com

   

--------以下抜粋--------  

注: モダン環境で並べ替えを実行する際のインデックスの自動作成は、含まれるアイテム数が 2 万未満のリストおよびライブラリに限定されています。  

--------抜粋以上--------  

  

 

 

アイテム 20,000 件以上のフォルダー内でフィルターを利用した場合、5,000 件を超えるアイテムの処理となる場合には、表示ができないことを確認しております。  

  

また、並び替えに関しては、検証した結果、19,998 件のアイテムを任意の列で並び替えした場合、エラーは発生せずインデックス付きの列が自動作成され、一方 20,002 件のアイテムを任意の列で並び替えをしたところ、エラーが発生しインデックス付きの列も作成されず表示ができない動作となることを確認しております。  

※ 自動ではインデックスが作成されませんが、手動でインデックスを作成すると、エラーを回避し 20,000 件以上のアイテムを表示させることが可能となります。 

 

 

 

インデックス付き列の追加の上限について 

リストやライブラリにてインデックス付きの列を利用するにあたり、最大 20 列までのインデックス作成が可能です。 

 

なお、手動のインデックス列を 20 列作成し、リストのアイテムを 5000 個以上ある状態で、通常の列を作成した場合に自動インデックスの列が追加されて並び替えが可能であるか検証しました。

 

その結果、エラーにより並び替えができませんでしたので、 手動のインデックス列と自動のインデックス列を合わせて 20 列であるため、通常の列を作成しても自動のインデックス列が作成されずに並び替えができかなったものと想定されます。 

 

検証結果としては、自動インデックスの列と手動インデックスの列をあわせて 20 列だという結果になりました。

  

support.microsoft.com

 

 

広告

高スペックPCが約3万円で購入できます


【楽天年間ランキングでパソコン1位!】初期設定不要!すぐ使える! ノートパソコン 中古 Windows10 Office付き 新品 爆速SSD 中古パソコン Corei5 店長おまかせNECノート 4GB 15インチ 中古ノートパソコン リフレッシュPC

 

キーボード入力の手首の疲労軽減 低反発クッション