社畜の所業

社畜の所業

Office365の機能について解説をしていきたいと思います。このブログの情報をご活用いただければ幸いです。たまに他の情報も取り入れていきたいと思います。

【Office365参考書】Automapping(オートマッピング)とは?

f:id:it-bibouroku:20200305151118j:plain

共有メールボックスやユーザーメールボックスに対してフルアクセス許可を付与することでメールボックスにアクセスしメールを閲覧することができます。

 

フルアクセス許可を付与した場合、自動的にAutomapping(オートマッピング)機能が有効化され、Outlookクライアントの左メニューにフルアクセス許可を付与したメールボックスのフォルダが作成されます。

 

 

つまり、 Automapping(オートマッピング)はOutlookクライアントにフルアクセス許可を付与したメールボックスを表示させるものという認識でいいと思います。

 

 

なお、表示させたくない場合は、オートマッピング機能を無効にすることで可能ですので、手順をご紹介したいと思います。

Powershellでのみ実施可能です。

 

以下の記事を参考にExchangeOnlineに接続してから実行してください。

 

 

it-bibouroku.hateblo.jp

 

 Automapping (オートマッピングを無効化する (個別) 

 

[構文] 

Add-MailboxPermission -Identity <該当メールボックス> -User <フルアクセス権が付与されたユーザーのメールアドレス> -AccessRights FullAccess -AutoMapping $False 

  

[実行例] 

Add-MailboxPermission -Identity Shared01@contoso.com -User User01@contoso.com -AccessRights FullAccess -AutoMapping $False 

※  有効化する場合は、$Trueに変更して実行してください。

 

Automapping (オートマッピングを無効化する (一括) 

以下のコマンドの実行により、指定したメールボックスに権限を持つすべてのユーザーの AutoMapping が無効となります。 

  

[構文] 

Remove-MailboxPermission -Identity <該当メールボックス> -ClearAutoMapping -Confirm:$False 

  

[実行例] 

Remove-MailboxPermission -Identity Shared01@contoso.com -ClearAutoMapping -Confirm:$False 

 

docs.microsoft.com

   

なお、 Automapping (オートマッピングを無効にした場合でも、以下の手順でOutlook クライアントやOutlook on the web に手動で追加した場合は、オートマッピングを無効化しても影響がなく、そのまま残り続ける動作です。 

  

なお、組織単位でオートマッピングを無効化する機能は実装に至っていません。

  

 

 Outlook クライアントにて共有メールボックスを手動追加する 

  1. 権限が付与されたアカウントにてOutlook クライアント を起動します。 
  2. [ファイル]タブをクリックし、[情報] - [アカウント設定] - [アカウント設定(A)] の順にクリックします。 
  3. [電子メール]タブより、該当のユーザーメールアドレスを選択し、[変更(A)] - [詳細設定(M)](または [その他の設定]- [詳細設定タブの順にクリックします。 
  4. [追加(D)]をクリックし、該当の共有メールボックスのメールアドレスを入力し [OK] をクリックします。 
  5. [次の追加のメールボックスを開きます(O) :]の項目に追加した共有メールボックスのメールアドレスが表示されていることを確認し、[適用] - [OK]の順にクリックします。 
  6. 該当の共有メールボックスがフォルダーが追加されたことを確認します。

 Outlook 2016 の手順となっておりますので、Outlook クライアントのバージョンによっては項目やメニューの表示が異なる場合があります。 

 

 Outlook on the web にメールボックスを表示させる手順 

  1. フルアクセス許可が付与されているユーザーにて、Outlook on the web にログインします。
  2. 画面左側メニュー内の [フォルダ] の上で右クリックします。
  3. [共有フォルダーの追加] をクリックします。
  4. 該当のメールアドレスを入力し、[追加] をクリックします。

  

オートマッピングの有効、無効を確認することができるか 

Exchange Online のメールボックスにおいて、Automapping の "有効 / 無効" を確認する機能については、実装に至っていません。

そのため、有効であるか、無効であるかを確認できないので管理がなかなか大変です。